~Charm…Jin Kame~

仁くんと亀ちゃんの二人を のんびりと追っていきたいと思います。 もちろんKAT-TUNも追っていきます。 お友だち募集してます♪

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仁マニュ

仁マニュ、火曜日にちゃんと更新されましたね
まさか火曜日に更新されるとは思っていませんでした

仁マニュを更新してくれてありがとう



自分の感情だから追記に隠そうかなと…

仁からの言葉が発信されて嬉しいです
でも、これで現実なんだと受け止めなくてはいけないと
思うと辛いです…
まだ今回のことを受け入れられない自分がいたので
頭ではわかっているのです
でも心が着いていかない
時間だけがすぎて心が着いていけない
心ここにあらずの状態です
脱退以外の道はなかったのかなとか
色々自分の都合のいいようにしか考えていません

そして今キーを打ちながら涙を流している状態です

仁はどんな想いでこのマニュを書いたのかな?



仁がどれだけメンバーを好きか知っているよ?
好きじゃなくて大好きじゃない?
ライブを見ればわかるよ…
どれだけメンバーのことが大好きなのか

ファンを混乱させたことに違いはない
でもそれは仁1人のせいではないと思う

LA行く前に言った「脱退はない」
ファンはこれを信じていた
だってこれはマスコミでも事務所からでもない
赤西仁から発せられたコメントでしょ?
それでLA公演が終わり日本に戻ってきたと思ったら
「脱退」
この発言を一番に仁がしていたらもちろん
赤西仁、本人がファンを混乱させたといわれてもおかしくない
だけど今回の場合仁よりも先に事務所からだった
赤西仁は「脱退しない」といってLA公演をした
でも事務所側は「脱退」発言
こんな状態だったら混乱するに決まっている

だけど仁1人のせいではない
だから仁からの謝りのコメントを読むと辛いです
確かに今回の騒ぎの渦中の人物です
謝るのは当たり前だろと考える方もいらっしゃると思います
でも私は謝られると辛く感じてしまいます

最後に「日本でも活動していく」とあります。
仁が日本からいなくなるわけではない
仁の姿がまったく見られなくなるわけではない
わかっています
でも、ロクーンでの赤西仁はもう見られないんですね
やっぱり私は「KAT-TUNのAの赤西仁」が好きです
前の記事も書いたように赤西仁は好きです
でもそれはカツンの赤西仁であり、赤西仁ではないのです

ソロ活動を否定するわけではありません
今後の赤西仁の活動を応援しないわけでもありません

もうライブで仁ならではのフェイクがもう聞けなくなる
亀の声に重なる最高のハモリ
ふざけたリアフェ
中丸を弄ってるときの笑顔
亀をがんみしちゃったり
メイキングの工場長が見れなくなったり
人のパート歌っちゃったり
もっと、もっと、たくさんあります
でも、なによりも一番辛いのは
亀梨和也の隣にいる赤西仁が見られないことです

それは私がカツン担であり仁亀担だからなのかもしれません
これほど最強なシンメはいないと思うの
二人のハモリは本当に最高だと思う
亀の声につぶさず乗せてくる仁の声
大好き 


ただ…
AをKと一緒にするのはやめて欲しいな…
決して亀がAを引き継ぐのがいやとかじゃないです
Aという存在をなくして欲しくないです
今までカツンが作ってきた歴史に仁がいないみたいな感じで
仁だってこれまでのカツンの歴史を作ってきた1人でしょ?
それは誰にも変えられない事実だと思う
だからAはAのままでいて欲しい
K 亀梨和也
A 赤西 仁
T 田口淳之介
T 田中 聖
U 上田竜也
N 中丸雄一
これだけは変えないで
ソロ活動で脱退しようがなにしようが
これだけはこのままでいてほしい






いつも、いつも私たちの想像のはるか上を行くKAT-TUN
奇跡を起こしてくれるKAT-TUN
次奇跡を起こしてくれるのならば
またもう一度
楽しそうに笑ってふざけてMC長いってスタッフに怒られて
20後半になってもガキみたいにふざけて
1人のこと弄り始めるととまらなくて
地方行くと下ネタパラダイスになって
ときたま自分たちにしか解らない話で盛り上がったり
一般のイメージとは正反対の本当のカツン
まとまりがないくせにここぞというときに魅せる迫力がはんぱなくて
一人一人の個性が強すぎるけどどれ一つ殺さず魅せる力
そんな6人をもう一度見れる奇跡を起こしてください

「ありがとう」と笑ったロクーンを見せてください

どんなに離れようと
途絶えない絆で繋がっている

だって今回のツアーの最後で5人で小指立ててるじゃん
カツンでいう「約束・絆」という意味でしょ?
もちろんこれはファンとカツンという意味かもしれない
でも私はロクーンでもあると信じる
だから私はどんなに物理的に離れようと6人は絆で繋がってると信じてる



そしていつかまた6人の足跡が一つになって
「あのときは」
と笑い合える日がきたら嬉しいな…

そして歩き出すよ また出会う日まで




こんな風に前向きに見えること書いてるけど
実際は落ちてばっかいます
はやくこの悪循環なループから抜け出せたらいいのに…
だってこれ書いてるときRわんでFARAWAY流すんだもん
涙ぜんぜんとまらないよ
むしろ増える一方だよ

ここまで長いぐちゃぐちゃな文を読んでくださり
ありがとうございました

どうか批判だけはやめてください



 

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。